* こたまま の くらし *

マイホームでの日々の暮らし  目指せ!家族が心地よいシンプルライフ!

○我が家に娘が帰ってきた日

f:id:kotakotamama:20160606095438j:image

 
我が家にちょうど1年前の今日、退院して娘が帰ってきました。
2015年6月6日土曜日でした。
 
娘を連れて、薬を飲んでも止むことのない頭痛と嘔吐の症状の原因を突き止めてもらうため、また主人と私の不安を和らげるために、家から遠くなく、小児科があり脳の検査ができる病院に紹介状をもって朝一に出かけたあの日が2015年3月9日月曜日。
 
 
 
小脳腫瘍    上衣腫
 
 
 
これが娘の病気です。
産まれたときから大きな病気や怪我もなく、普通に普通に育ってきた娘の中に、こんな大きな病が潜んでいたなんて考えもしなかったことでした。
 
 
娘、3歳1ヶ月、9時間にも及ぶ大手術に耐え、命を落とすことなく、私達夫婦のもとへ帰ってきてくれたのが、忘れもしない主人の誕生日、2015年3月10日の朝方でした。
 
そして、放射線治療を経て、我が家に戻ってきたのが、私の誕生日の前の日、2015年6月6日でした。
 
偶然の日にちですが、やっぱり私たち夫婦を選んで生まれてきてくれた娘なんだと感じてしまいます。
 
 
 
 
あの日から1年後の2016年3月9日、
新しい我が家に家族4人で引っ越してきました。
 
 
 
 
正直、再発したら娘の命はないと言われています。3ヶ月に1度、毎回祈るような思いで検査に通っています。
 
娘と一緒に新しい我が家で暮らせる日を夢見てた1年でした。工期は伸びる一方で、早く早くと気持ちが焦る日もありました。娘の検査の日には、もしかしたら帰れないこと、みんなで一緒に引っ越しができないかもしれないことを覚悟して病院にいったこともありました。
 
 
本当に本当に、病気に負けずに頑張ってくれた娘に、隣でいつも娘に元気をくれる息子に、助けてくださった皆様に、夢を叶えてくださった皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
おかげさまで、娘は元気に幼稚園に通っています。元気に歌を歌います。踊りも大好きです。手術の後遺症で、運動面には心配がありますが、歩いたり、遅いけど走ったり、ジャンプもできるまで回復しました。なにより弟想いです。泣き虫だけど、頑張り屋さんです。
 
 
病気を持つこどもの母として、もっともっと強くありたい。私はまだまだ全然だめです。思い出すと涙が溢れます。娘の頑張りを聞くだけで、涙が溢れます。
 
 
 
まだ1年…
娘の元気な姿につい病気のことを忘れてしまいそうになりますが、この先どんな戦いが待っているかわかりません。
 
それでもきっと大丈夫!
大丈夫になる!そう信じています。
 
 
そして同じような病気を抱えているお子さんをお持ちの方が、このブログを読んでくださることもあるかもしれません。私は去年、娘の病気がわかった後、数少ない同じ病気をもつお子さんの親御さんのブログに出会い、たくさんの辛いことも目にしましたが、幸い再発なく「生きている」お子さんがいるという事実にすごく励まされました。
 
娘は運良く、短い入院生活で、いまは普通に暮らしています。薬を飲んでいるわけでもありませんし、生活に制限もありません。
それは、腫瘍を全部取り切れたことが1番で、できる治療が放射線治療と限られていたことも大きいと思います。それでもこの病気を恨むことたくさんあります。
 
私も希望をもらったように、娘が元気に生きているという事実が誰かの励みになったらと思い、残していきたいなぁと思います。
f:id:kotakotamama:20160606133905j:image
 私は娘の絵が大好きで飾ってしまいます。
 
 
長々と語ってしまいましたが、
主人と私のたくさんの想いが詰まった大好きなこの家がこの先もこどもたちにとって心地よく大好きな家であってほしい。
 
 
また今日から頑張ります。
 
今回はこのお話にて失礼します。
これからもまだまだおうちのこと、くらしのこと綴らせていただきますね。
懲りずにまた来ていただけると嬉しいです。
 
 
 
 
読んで頂きありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする