* こたまま の くらし *

マイホームでの日々の暮らし  目指せ!家族が心地よいシンプルライフ!

○我が家のキッチン収納棚を公開しちゃいます! *web内覧会*

 

昨日の我が家のキッチンの記事、たくさんの方に見ていただいたみたいで、とても嬉しいです。ありがとうございます。

 

では今日も参ります!!

我が家のキッチンの収納棚は私のこの要望書から始まりました。

実際のもは色付きでしたが、これは白黒コピーのものです。

f:id:kotakotamama:20160611125840j:image

配置が変わったりしましたが、大まかな基本は私の希望通りです。

 

最近、扉をつけて隠してしまうキッチン収納を多くみかけます。私も初めて行ったモデルハウスで、その魅力に惹かれ、キッチン収納棚には扉!という頭になっていましたが…その生活を考えていくうちに、隠さなくてはいけない日がどのくらいあるだろうか…また扉があることでのデットスペースができること、作業に必ず開け閉めの動作がはいることなど、私の生活にそんなに必要ではないのかもしれないと思えました。

私は恥ずかしながら、どちらかというとだらしない性格です。引き出しは出しっぱなし、扉はあけっぱなしそんな人間です。(いまは少しずつ改善していると思います…)

 

スッキリとした収納を目指したい、冷蔵庫まで隠せたら、綺麗だろうなぁ〜なんて思い描いた日もあります。でも「扉を開けて、冷蔵庫の扉を開ける!」そんな生活は私の性格には合いそうもありません。

 

そして、いろんなキッチンを見ていいなと思うもの、私の憧れるキッチンはお気に入りのものたちが顔をだしている、飾っているようなキッチンです。

 

いろんなものがでているのに、なぜかオシャレに見えてしまうキッチン、すごく憧れます。

 

そんな思いを巡らせながら、思い切って扉なし、オープンな収納棚をつくることにしました。

 

 

 

 完成した我が家のキッチン収納棚はこちら!!

奥に見える黄色の壁紙のところが収納スペースです。

f:id:kotakotamama:20160611110136j:image

 

収納棚自体は、幅1700弱です。高さは2200のところ、三角の下り壁に揃えてもらっています。

 

中央の棚は作業台として使いたかったので、高さ860のところに。キッチンの高さと同じくらいです。

 

奥行は中央から左側は470、右側は700です。

左側は裏側にエコジョーズがあるので、壁が手前にきてしまいます。揃えることもできましたが、あえて奥行を変えました。右側にオーブントースターなどを置いても、手前で余裕をもって作業ができるようにしました。

f:id:kotakotamama:20160611111617j:image

こんな感じで、スペースがあり、家電が作業の邪魔になりません。

オーブントースターでパンを温めた後、手前にまな板を置いて切るなんて作業も余裕でできてしまいますよ。パンくずはすぐ下のゴミ箱に。とても効率がいいです。

 

 

この作業台は、洗面台と同じ、アイカのスタイリッシュカウンターを採用しました。掃除のしやすさから、コーディネーターさんが提案してくださいました。

おすすめです!アイカのカウンターは色もものすごい種類があるんですよ。

我が家は全体にあわせてこの木目のこの色!(ごめんなさい、品番はわかりません)

f:id:kotakotamama:20160611111810j:image

 

 

 

 カウンター下はこんな感じです。

 

実は入居後、オーブンレンジが奥行足らずで入らないという事態に陥りました!

なんとか収まっていますが、寸法ミスですね…直していただきましたが(不足分を棚板の前に付け足しただけですが)そのうち、収まるサイズのオーブンレンジに買い替えたいです。少しはみでているのが、なんとも気持ち悪いです。

f:id:kotakotamama:20160611112037j:image

ゴミ箱が入っているところは奥域が700あります。分別用にゴミ箱が奥にもあります。f:id:kotakotamama:20160611112525j:image

左側の収納棚は稼働棚2段です。

f:id:kotakotamama:20160611112707j:image

無印良品の収納が大活躍です!

棚板は5センチほど短くしてもらっています。将来、突っ張り棒をつけてカーテンがてら布で隠せるようにという目的です。いまは全くする気がありませんが、そんなこともできるようにしました。

 

上段も紹介しますよ。

まずは左側から紹介します。

f:id:kotakotamama:20160611113029j:image

1番下の棚には洗面台用に買ったタオルかけを使わなくなったのでこちらにつけました!ふきんや、ミトンなどかけたりしてます。

 

f:id:kotakotamama:20160611113054j:image

このL字のブラケットもできる限り、黒でシンプルなものをお願いしました。

f:id:kotakotamama:20160611115514j:image

棚の奥行は260、幅は710です。

高さは上から300、230、220の間隔で壁付けしてもらいました。この間隔はあえてこの間隔です。真ん中の棚板は、お気に入りのアムケトルの高さにあわせて。下段は、お皿を重ねた高さを計り、バランスをみてこの間隔に決めました。

 

上段はほぼ飾り棚です。私の背の高さでは、日常使いには不便な高さです。こういう棚もあってもいいですよね?そんな気持ちで作りました。

あとは同じものも3つ並べばデザインになると昔何かで目にしてから、私の頭の中は迷ったら3つ並べてみる!という思考になっているのかもしれません。

 

右側の棚は幅780、高さ800、奥行300です。

奥行はあえて、浅くしてもらいました。f:id:kotakotamama:20160611123959j:image

可動棚で上から2段目以降の下の棚は棚板の奥行をかえています。

f:id:kotakotamama:20160611124136j:image

奥の棚板は奥行は150しかありませんが、コップはだいたいこのくらいあれば安定して収納できます。

3本のレールを使うことで、奥行が違う棚板も可動可能になりました。奥行の短い棚をどうやって可動させるか悩みましたが、この案を思いついた時は天才かと思ったほどです!笑

 

なぜ、奥行の浅い棚が必要だったかというと、主人の愛用品のサーモスのコップと他のコップをうまく収納したかったからです。

f:id:kotakotamama:20160611125458j:image

高さがあるものを前においても、奥の上段の空間が有効に使えます。

コップ以外のお皿にも有効的に使えている気がします。また可動できるので、お皿にあわせて棚板を移動できるので便利です。

 

 

いまはお皿を適当においていますが、もっと使いやすく収納したいです。

いま持っているお皿はここにあるだけです。お皿もだいぶ断捨離してきましたが、まだできそうです。やはり、食洗機にいれられないお皿は使用頻度がぐんと減りました。

 

 

そして私のキッチン収納棚のメインといってもいい、この黄色の壁紙!

いい色ですよね!黄色大好きです。キッチンには色を持ってくるのが夢でした。

この壁紙は水回りに最適な抗菌・汚れ防止壁紙なので、洗面台にも色違いを使っているほど気に入ったものです。(黄色の壁紙品番→東リ WVP9252 WF6059)

 

 

 

オープンな収納棚の一番の問題は、埃かな。

でも、隠せないので掃除する気になります。

 

お皿もすぐ出せるし、しまえるし、楽です。

 

 

家づくり中は私もなにかと悩みました。家の壁にマスキングテープでこんなこともしました。

f:id:kotakotamama:20160611134638j:image

曲がっていますが、届くかな?入るかな?なんてやった時期もありました。

 

 

そのおかげか、わりかしイメージ通りにできたかなと。オーブンは入らなかったけど…

3ヶ月経ったいまも気持ちよく使えています。でも、もっともっと楽しく楽なキッチンにしたい想いでいっぱいです!

 

 

収納も皆さんのブログなどで日々勉強中です。

これからの我が家のキッチンの変化も綴っていけたらと思います。

収納も後に公開予定です。

今後も懲りずにまたぜひ覗きにきてください。

 

 

 

 

 

△▼△我が家のキッチン収納棚のお気に入りものたち△▼△

 

 

 

 

 

 

応援クリック、本当に嬉しいです。

本日もポチッといただけると励みになります。 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村